So-net無料ブログ作成
検索選択

岐阜のお酒を飲む会 [お酒]

今日は、さんすけさんと2人で(笑)、お酒と料理を味わう会へ。
神楽坂の+81(←お店の名前)
とても素敵な店構え。おいしそうー。

今日、岐阜からお酒を持って来てくださったのは、
三千櫻酒造さん
白扇酒造さん
渡辺酒造さん
中島醸造さん
恵那醸造さん

着席できちんと食事をいただきながら、席までお酒を注ぎに来てくれる蔵の方にいろいろお話を伺う。
同席だった方も、お酒大好きで、気さく。楽しい会になった。
a2008_1019_181537AA.jpg

今回はちゃんとメモ。
風邪で、鼻がつまり気味だったから、だいぶ偏ってると思われるけれど、以下は忘れないようにメモ。
1.乾杯は、三千櫻さんの袋吊りの純米
  この間の三千櫻さんのお酒を飲む会で、一番好きだったやつ。
  シャンパングラスで出てきたから、シャンパンみたいな気持ちで飲んだら、
  甘くてびっくりした。
  お猪口で飲むより甘く感じるなあ。で、飲み込むときピリっとする。
2.渡辺酒造さんの、美濃錦純米。
  こちらの杜氏さんは、女の方。おお、こんな華奢な方が、力仕事を~。
  と思うと、お酒まで華やかな感じがするけれど、これは、味の濃いお酒。
  つまみいらない感じ。
3.白扇さんのひやおろし純米 木桶仕込み
  木桶で仕込むのは大変だそう。桶があったかいから、すぐに発酵が進んじゃうんだって。
  めんどくさいお酒。もち米入り。
  木のにおいがぷーん、って感じかと思ったら、白ワインのような風味。
4.同じく白扇さんの、純米大吟醸 ふく
  ふつーの大吟醸です、って説明だったけれど、ものっすごくウマイ。
  この飛びぬけた香りの元は、カプロン酸だって言ってたけど、
  カプロン酸って、くさっっっ、思わず言っちゃう匂いなイメージだった。
  つい、おかわり。
5.渡辺酒造さんの、白雪姫
  わー、すごい名前。
  女性の杜氏だし、かわいいイメージで??と思ったら、お米の名前が白雪姫。
  これは、かわいいラベルのイメージ通り、すっきり、さっぱり
  でも、純米と同じように、うまみ強し。
6.三千櫻さんの大吟醸 燗(←(訂正)純米だったそうです)
  うんうん。ウマス。
7.中島醸造さんの、小左衛門 特別純米
  純米と言いつつ、味わいは吟醸っぽい。
  ゆっくり飲んで、温度が上がるにつれて、どんどん香りが開いてきた。
  こちらは、なんと元禄15年(1702年)創業。すばらしい。
8.恵那醸造さんの、鯨波 純米
  近くに海はないけれど、鯨波。
  これは、ど真ん中のお酒。
  好みのど真ん中ってんじゃなくて、いろんなお酒の真ん中の味。
  正しいお酒ってかんじ。
9.同じく恵那醸造さんの 鯨波 本醸造
  これは純米っぽい味。
  香りが食事の邪魔しなくて、おいしい。お腹空く。
  食事にあわせて、初めっからずっと飲むならこれだ。
  一本だけ旅行にお酒持ってくのもこれか。
  売ってたら買って帰ろうかと思った。
  ついついおかわり。
10.小左衛門さんちの純米大吟醸 燗
   これは、特徴ある香り。
   なんつうか、土壁っぽい香り。いや、いやな匂いじゃなくてー。
   ほうほう、なるほど、ほうほうなるほど、と思って飲んでる間になくなっちゃった。
11.白扇さんのみりん!! 10年寝かした古味醂
   これは、上品な甘さ。香りは紹興酒みたいだけど、飲む(!)とシロップ。
   メイプルシロップ代わりとか、アイスとかパンナコッタにかけたりとか、そんな味。
   初めて飲んだ。味醂。
12.白扇さん、みりんの梅酒!!!
   甘い。。。氷入れて飲みたい。
   デザートだ。
   飲める味醂、ほんと新鮮~。

同じ岐阜県のお酒ながら、蔵によってお酒の味が全然違う。
飲み比べ会、おもしろいなあ。
今回もご飯おいしくて満足~。
さんすけさん、ご紹介ありがとうございました~。

三千櫻を飲む会 [お酒]

世田谷区の酒屋、唐木屋さんにて。
三千櫻酒造の社長さん(杜氏でもある)のお話を聞きながら、酒造のお酒をみんなで味わう会。
080921_184800.jpg
たくさんのおつまみと、どんどん具が投入されて出汁が濃くなっていくお鍋と、
社長のおみやげのからすみと栗こもち(どっちも和菓子)がおいしい。

栗こもち、一人で3個食べちゃった。おもちを裏ごしした栗で包んでるの。超大好き。
あれもこれもおいしくて、お腹いっぱい。

お酒は、そのまま飲んだり、お燗にしてもらったり。
普通酒から、純米大吟醸までいろいろ。

どれがおいしかったかと言うと、どれもおいしかったけれど、
もろみを袋に入れ、タンクに吊るして落とした純米酒」っていう無濾過袋吊り 純米酒ってのと、
置いといてぬるくなった純米大吟醸がとてもおいしかったかなあ。

本醸造のお燗も、栗のような芋のような甘い香りがふわっと香って、とてもとてもおいしかった。
飲み方次第で、いろんな風に形を変えていくのがとてもおもしろい。
ビバ日本酒

お店もすごくて、冷蔵庫にも棚にもお酒がぎゅうぎゅう。
ふだんは立ち飲みもさせてもらえるらしい。
飲む用に生ビールのサーバーまで用意してる酒屋さんて、あんまりないと思うぞ。

帰りに、チビ大吟醸を買って、徳利とお猪口をお土産に頂いた。
とてもうれしくて、これでお酒を飲むのが楽しみ。

三軒茶屋、遠いけれど、家から電車で一本。
楽しい酒屋さん、また行きたいなあ。

ビアフェス@横浜 [お酒]

今年のビアフェスは、初めて横浜会場へ。
恵比寿よりも広くていい。
海も見えるし、周りに魅力的なお店がたくさんあるし。
先頭で入場して、それから4時間ほど飲み続け。
楽しく飲んでると、あんまり酔わない。

神奈川北海道秋田、岩手、埼玉、富山、愛知、トルコ、鹿児島三重、京都、静岡、千葉、長野、福岡
とりあえず、覚えてるところで、この辺のビールを試飲。

おっ、これは!ってビールがいくつもあったのに、メモしてないから忘れちゃった(笑)
なんとなく、こぶし花ビールのグランクリュがおいしかったような。
と、見てみたら、こぶし花ビールって、埼玉のブリュワリーなのかー。
埼玉にもおいしいものがあったってことがちょっとうれしい。

今回、カメラを忘れてしまって、唯一携帯で撮ったビールが、
超神ネイガーの「旨ネイガー」(笑)
080907_133103.jpg
なぜか試飲はしていない(笑)

逆光の原因のおっきな窓の向こうは海。↓
いい場所だなあ。
080907_131644.jpg
終了後は、みんなで中華街へ。
小龍包が、あちあち、はふはふ、なんともウマーーーでした♪

ロングアイランド ワイナリーツアー [お酒]

今回は、ロングアイランドまでワイナリーを巡る1泊旅行に連れてってもらった。

ロングアイランドってどこかというと、
どこだろう。と思ってしまう方向音痴なのだけれど、
マンハッタンの東のでかい島。あ、島だったのー?ってくらい。

なんとなーく、寒くて曇り空のイメージだったのだけれど、
それは、きっと年末に行った初日の出ツアーが寒くて雨が降ったせい。

初夏のロングアイランドには、目が痛いくらい緑がまぶしくて、カラッとした空気と、気持ちいい風と、
たくさんのぶどう畑があった。

ごんちゃんも、車出してくださったkeiさんも、すでに何度も来ていて、どこがおいしいかよく分かっているようで、
厳選してくれたワイナリーで、最初っから最後まで、おいしいワインだけを飲み続ける、超しあわせツアー。
16313083_3957479630.jpga2008_0602_024701AA.jpg
あー、ぜいたくー。

各ワイナリーで、テイスティングフィーを払って、説明してもらいながら4種類くらいのワインを頂く感じ。みんなで飲むとたくさん♪
おいしかったら、もちろん買える。

いちおうメモに、
行ったのは、
Roanoke
Shinn Estate
Wölffer
Raphael

どこもとてもおいしかったけれども、
晴天の中、Wölfferのテラスで飲んだワインがいちばん幸せだったなあ。
ワインの色も特別きれいに見えた。
くんくんくんくんくんくんくんくんと、延々吸ってても、ワインの香りってなくならなくて、中毒みたいになる(笑)
お茶とかの香りって、一息分な感じがするよねえ。ほわんって消えるし。

泊まりは、海辺のお宿ドリフトウッド。
途中のフィッシュマーケットで買った生牡蠣やらムール貝やらあれやこれやとワインで夕食。
a2008_0601_084323AA.jpga2008_0601_084358AA.jpga2008_0601_084310AA.jpga2008_0602_013233AA.jpg

部屋の前で潮の音聞きながらバーベキュー。空には星~。
ワシ、牡蠣の開け方、だいぶ上手くなった。

朝はおいしいコーヒーとカリカリベーコンとラピュタパン(笑)
くせになる、きらきらピカピカおいしく楽しいツアーだった。

中目黒タップルーム [お酒]

ベアードさんちのビール東京で飲めるようになった~。
とはいえ、近くはないんだけれど、本日開店のお祭り気分も手伝って、
学校帰りに寄ってみた。
080510_184922.jpg
大賑わい。
開店からずっとこんな感じだそう。
さゆりさんにごあいさつして、

一杯目はダイダイのエール
080510_181755.jpg
あー、久しぶりのベアードさん味だ~。おいしい。。。
グラスでもらったら、あっという間に飲んじゃった。

プレッツェルとピーナッツおかわりしつつ、
二杯目はベルジャン レッドエール
080510_184538.jpg
写真だと分かりづらいけど、色がきれい~。
そして、いい香り~。
飲んでは嗅いで、飲んでは嗅いで。
怪しいだろうか(笑)

あたらしいビールが出たら、今度からはすぐ飲みに来られてうれしいなあ。
どうぞ、よろしく~、と2杯で帰宅。


隣で飲んでたお兄さんが、テレマークスキーヤーで、山とビールについていろいろお話。
なんで分かったかというと、気配(笑)

去年の梅酒 [お酒]

あ、そういえば、と思い出して去年の梅酒飲んでみた。
おいら、家でお酒飲まないから、つい忘れちゃう。

ブランデーはちみつの方は、その後もあまり変わらず。
ブランデーとはちみつが混ざりきらない感じで、もうひとつ。

トリスウイスキー2.7L↓の方は、ウマイ。
http://soramame-blog.blog.so-net.ne.jp/2007-06-20
漬けてそんなに経ってない頃は、すっきりして、上品なお酒だったけれど、
なんか、半年経ったら全然違う味になった。
「梅」酒!って感じ。
なんか、飲んだらお腹すいちゃって、頂きもののチョコレートを一緒にぱくぱく。

あと2.6Lくらい。
このペースで飲んでたら、取って置かなくてもふつーに30年くらい持ちそうだ。あはは。
080422_211856_Ed.jpg
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

梅酒その後 [お酒]

6月に漬けた梅酒の味見。

まず2.7Lのトリスウイスキー漬け。

きれいに澄んでて、おいしそう。すっきりした香り。
飲んでみたら、うわっ、っと言ってしまったくらいおいしかった。
甘さすっきりで、雑味がなくて、おいしいお酒だ。わー、すごいなー、梅酒。
50年保存版に決定。
しかし、50年後に今よりおいしくなるだろうか。
今が一番おいしかったらどうしよう。
てことで、もう一杯。
気付いたら空だったらどうしよう。
ちょっと酔っ払った。

もひとつ、残った材料で漬けたブランデーはちみつ

ハチミツは濁っちゃうのかな。
甘みにくせあり。レディーボーデンのバニラにかけたらおいしそう。
レーズンも散らしたりして。ぬふふ。
お砂糖少なめだったけど、甘みきついなあ。砂糖だけのほうが好みのお酒ができそうだ。

来年の方針決定。
”ふつーに作る”


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

あらごし梅酒 [お酒]

nagaharuさんに教えてもらった、あらごし梅酒お取り寄せ
きたーーーー♪

ついでに、芋焼酎とのハーモニーが最高、という評価の芋梅を一緒にお取り寄せ。おいしそう・・・。

ブログ更新せず、何してたかというと、超大掃除とフジロックの準備、てか、イメトレ。
遊び出ないで、ちまちまやってるのももう限界だで、
梅酒パーティー開催~。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

梅酒2 [お酒]

サントリーブランデー 640mL
氷砂糖 100g
はちみつ(クローバー) 50mL
梅 500g

昨日残った材料で。
お砂糖少なめだで、はちみつも入れてみた。
梅多め。
どんな味になるかなー。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

梅酒 [お酒]

トリスウイスキーブラック 2.7L
氷砂糖 900gくらい
梅(福井産) 1.5kgくらい

梅酒を漬けた。
ブランデーで漬けたかったけど、スーパーに売ってなかった。そんなもん?
ハチミツを使ってみたかったけど、初めてのことなのに調子に乗ると失敗するので、普通に氷砂糖。
でも、調子に乗って入れすぎた。
梅は、いつも海水浴帰りにお世話になっとるで、福井産を。

1.8L分くらいを作りたかったが、ちょうど良い量のトリスが売られてなくて、2.7L。
これと梅&氷砂糖を、チャリチャリ自転車でもって帰った時点で、仕事のほとんどが終了した気分。
カレーのたまねぎ上手く炒められたら、80%は成功、みたいな。

しかし、トリスウイスキー、2.7L

でか。
こんなん買ったの初めてだで、なんかすごい愛着が。
もう、お友達ね。と握手してもいいほどに。トリス

50年ほど漬け込んで、80歳のお祝いに飲もう。
長生きせにゃ。


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。