So-net無料ブログ作成
検索選択

テロ [ケニア]

8月末に、ケニアから香港へ住所を移し、現在日本に一時帰国中です。

そんな中、ケニアのショッピングモールがテロリストの攻撃にあったというニュースが。
我が家から10分ほどのところ、ケニアに住んでいる2年ちょっと、いつも日々の買い物に利用していたところです。
スーパーマーケットのどこに何が売られているか、探さなくても何でも分かるそんな親しみのある場所で、子供も含めて、本当にたくさんの人が殺されました。
ニュースで見る画像は本当に悲惨なものばかりで、自分と息子だったら、どこに隠れただろうとか、息子を守る事ができただろうかとか、ここに倒れているのが自分や家族でもおかしくなかったとか、ついつい考えてしまっては涙が出ます。
なるべくたくさんの人を殺すということだけを目的に行われたその行為に、心から怒りと疑問を感じます。

ケニアに住んでいる間も、車以外で出歩いたことはありませんし、常に危機感は持っていたつもりでしたが、危ないというのは、こういうことだったのか、と初めて身にしみて感じました。

今回のテログループアルシャバブの軍資金のほとんどが、象牙の密輸から調達されているそうです。
新しい大統領は、新小学一年生全員にパソコン配るとかアホなこと言ってますが、その分、野生動物保護にお金回して欲しいもんです。ゾウも、サイもいなくなった、危ないだけのケニアなんて、最悪だ。

事件後に電話した、我が家で働いてくれていたナニーさんがとっても元気で、電話を喜んでくれたことに、少し救われました。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

通りすがりのいとう

テロがあったところは住んでいた所から近い所だったんだね(T_T)
知り合いの方が無事で良かったね。
野生動物がいなくなってしまったケニアは寂しいから密猟者がいなくなるといいなぁ。
ところで久々に勤めていた病院へ行ってきました。すっかり綺麗になっていました(*^_^*)電子カルテになってました!←そりゃそうか(^_^;)
あの汚い字を読んでいた日々が懐かしくなりましたw
by 通りすがりのいとう (2013-09-28 15:37) 

kei

Westgateだよね…。

知っている場所が悲劇に見舞われる時心は痛みます。それは今回のナイロビの時だって、次元は違えど二年前のいわきの時だって。それと同時によく知らない場所がその渦中にあるときの自分の無関心さにもどこか気味悪さを感じます。例えばこないだのボストンの時だって。

世界中から伝わってくる悲劇の情報に心を蝕まれていたとしたらすぐにでも体を壊してしまいそうな今という時代ですが、今回のような「電話をかけた」「電話を喜んでくれた」といったような互いの働きかけがその回復を早めてくれるのには違いないでしょうね。

象の孤児院の子達が増える世の中ではなくその子達を支える人が増える世の中が一日も早く来てくれることを願いつつ、小さなことからひとつづつ。
by kei (2013-09-29 02:10) 

つか

いとちゃん、ほんと友人たちが無事なのがなによりでした。
あの病院がきれいって想像できないなあ~(笑)
当直の先生が処方箋の読み方聞きに来たりしたよねー。懐かしい、横一直線が「朝食後」とか。
by つか (2013-09-29 11:12) 

つか

keiさん、あのウエストゲートが、崩れてなくなっちゃいました。
あのあたりを生活の場にしている友人たちは、やはりショックを受けて、大きなストレスを感じているようです。自分ひとりなら、しょうがないか、って気持ちもありますが、子供を連れていたら、ってみんな思うようです。
こういう世界もあるんだ、って諦めるんじゃなくて、おっしゃる通り、自分ができることをちょっとずつ、ですね。
by つか (2013-09-29 11:23) 

kei

マンハッタンを南からみる船に乗った時、同乗したNYC育ちの人が「自分たちが子供の頃はあの建物を『うさぎのみみ』なんて呼んで実際に登りにいったりもした。今こうして水の上から見ると、やっぱりもうないんだな…なんてセンチになっちゃうわけですよ。」なんて漏らしたりした記憶を持ってる側としては限りなく同じ次元でもうないんだな、なんて境地にいる自分を感じる。他のその辺りを生活圏としていらっしゃる方達と同じように。

昨日はTuskerのT Shutsを着て街を歩いてみたりもした。誰だか一人酔っぱらいの若いにいちゃんが「Nice Top.」とすれ違いに言った気がしたけどもしかしたら彼の頭の中には犠牲者のことが頭によぎっていたのかもしれない。まずはそれで十分働きをなしたと思うわけで。


by kei (2013-09-29 21:26) 

つか

keiさん、先日部屋の片づけをしていて、15年ほど前にNYに旅行した時のパンフレットなどを久しぶりに目にしたら、どーんと双子ビルがそびえていて、ああ・・・としばらく眺めてしまいましたよ。子どものころから親しんでいた方は、ほんとにいろいろ思い出しちゃうでしょうね。
ナイロビのテロはまだまだ続きそうで、どこに買い物に行くにも不安なようです。
でも、生活しないといけないストレスってたまらないですね。

すれ違いざまに、Nice Top! ってNYですねえ。
かっこいい、と思ってくれただけでもなんか嬉しいな。
by つか (2013-10-02 09:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。